演習編(1)-車両モデル作成演習

演習編(1)-車両モデル作成演習

販売価格: 95,000円(税別)

開催日 在庫
2017年8月3日(木)〜4日(金)―終了
2017年11月14日(火)〜15日(水)―受付終了
2018年1月16日(火)〜17日(水)―東京開催
2018年2月20日(火)〜21日(水)―名古屋開催
2018年3月13日(火)〜14日(水)―東京開催

販売価格: 95,000円(税別)

数量:
演習編(1)-車両モデル作成演習
本講座は、Simulink の基本操作を既に学習された方がより実践的なモデル作成の経験を蓄積することで、モデル作成の基本テクニックをブラッシュアップするためのコースです。
基礎編と同様に「自動車業界MBD エンジニアのためのSimulink 入門-4 週間で学ぶSimulink 実践トレーニング-」 久保 孝行著 の書籍(ISBN978-4-906864-01-0) を講習テキストとして利用ます。走行抵抗、トルクコンバーター、エンジン、変速機など機能単位のシンプルな実践的なモデルの作成で積み重ねていただき、実践的なモデル作成スキルをブラッシュアップしていただきます。
講習期間:2日間  
定員:6名
<Agenda>
1) 単位変換等の基本テクニック
2) 走行抵抗モデル作成
3) トルクコンバーターモデル作成
4) エンジンモデル作成
5) 変速機モデル作成
6) 車両全体の統合モデル作成
7) 速度制御シミュレーション
※本講習時間内で、テキストのすべての演習を終えることはできません。講習後に受講者自ら演習問題に取り組むことで、使いこなせるレベルのモデリングスキルの習得を目指していく実践的な内容となっています。
< 利用ソフトウェア>
本講習では、R2012b のMATLAB、Simulink を利用します。
■コース参加の前提条件
高校レベルの物理の計算が出来る方(※第3章:基礎力チェックの内容が理解できる方)
Simulink の基本操作ができる方(「モデルベース開発のためのはじめてのMATLAB/Simlink 入門」の受講修了者相当)  
■習得できる知識・スキル
本講座では、ETSS-JMAAB で定義される制御システム設計エンジニアLevel2相当のスキルのベースとなる機能単位の小規模なモデル作成のスキルが習得できます。
本講習では、よりモデルベース開発の現場で使えるスキル習得に集中するため、制御理論の説明をコース内容から切り離しています。制御理論の教育内容は含まれていませんので、あらかじめご了承ください。
演習編(1)-車両モデル作成演習

販売価格: 95,000円(税別)

開催日 在庫
2017年8月3日(木)〜4日(金)―終了
2017年11月14日(火)〜15日(水)―受付終了
2018年1月16日(火)〜17日(水)―東京開催
2018年2月20日(火)〜21日(水)―名古屋開催
2018年3月13日(火)〜14日(水)―東京開催

販売価格: 95,000円(税別)

数量: